塗る日焼け止めがもっとこうだったらいいのにな

紫外線による肌のダメージを受けないためにも、日焼け対策はとても大切。

一番使われているのは、塗るタイプだと思う。
価格も安くて、持ち運びにも便利。

しかし、肌につけたときにベタつきを感じて肌なじみが良くないし
日焼け止めの独特な香りが気になる。

日焼け止めは、汗で流れてしまうと効果がなくなるから
こまめに塗り直さなくちゃいけないけど、つけた時にべたべたするから
何回も塗る気が起きない。

手がべたつくので、手を洗いたくなってしまう
でも洗ってしまうと、成分が流れてしまう。

もっと、つけた感触がサラッとしてると使いやすいのになと思う。
何回も塗りたくなると思う。

また、お風呂やシャワーで体を洗うとき、一度でスッキリ洗い上げることが難しいのが悩み。
何回もゴシゴシこすりたくないし、石鹸やボディーソープを余計に減ってしまうのが勿体無い。
だからこそ、塗り心地がサラッとしてるのが大事って思う。

塗るタイプのいいところは、スプレータイプと違って周囲に撒き散らさなくて済むところ。
そういういいところもあるので、もう少し塗るタイプも使いやすくなると良いなって思う。

やっぱり日焼け止めの使い心地って重要。
肌につけるものなので、肌にとってストレスにならないようなものがありがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です