美白は体の内から外からダブルケア

今日は日射しが強かったので、ちょっと日焼け止めと美白について考えてみた。普通にドラッグストアの日焼け止め売り場に並んでる商品ってどれも何かビミョーに嫌なにおいがすると思わない?日焼け止め独特の。

それがどうしても苦手で、スプレータイプのものとかジェルタイプのものとかいろいろ試してみたけど、やっぱりにおいが気になってしまう。だから、お顔に塗る日焼け止めは、化粧下地にUVカット機能が含まれているものを使うようにしてる。こちらはあくまでも化粧品のカテゴリーなので、あの独特のにおいは全然しなくて使い心地いい。ファンデーション機能も求めるならやっぱりBBクリームやCCクリームが手軽で使いやすいよね。

日焼けを防いでシミ予防をして美白肌を目指すとなると、化粧水もついつい美白効果をアピールしてるものに目がいってしまうけど、美白モノって案外潤い効果が物足りないものが多いって知ってた?だから、高価な化粧水をチビチビ使うよりお手頃価格の化粧水をたっぷり使う方がいいみたいだよ。ジェルタイプや軽めの乳液も一緒に使うとよりいいかも。時間があればシートマスクもいいよね。

本気で美白するなら、お肌の外からだけじゃなく内側からもアプローチするべき。私はとりあえずビタミンCのサプリメントと病院で処方してもらうトラネキサム酸のカプセルを毎日3回欠かさず飲んでる。もう2年位続けてるかな。劇的な効果を感じてる訳ではないけど、どちらも美白には欠かせない成分だから頑張って続けてる。

それから最近飲みはじめたのが水素発生サプリ。これは坑酸化作用があるらしいので、お肌だけでなく体全体にいいってことで始めてみた。本来なら食事でしっかり栄養補った方がいいんだろうけど、なかなか簡単にはいかないもんね。

てな感じで、できる範囲で美白には気を使ってるんだけど、何事も継続は力なり。気長にこまめにお手入れを続けることが一番大事なことかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です